With My Confession

バナナとMosquito

こんにちは。ピギーバンクです。

Mosquito 話の続きになりますが


Mosquitoに刺された時は 

バナナの皮の内側を 刺された所にこする

と良いんです って。

バナナに含まれる成分が痒みを抑えてくれるそうです。

シープママより聞いた話なので 化学的なことはわかりませんが…

バナナが食べたい時にちょうどモスキイト に刺されたときは試してみてください☆

ちなみにピギーはまだ試していません ^_^;
[PR]



# by willy3hello | 2008-07-14 22:38 | *日常生活

蚊 VS Mosquito

こんにちは。ピギーバンクです。

ミシガンの Mosquito に吸血され続けている毎日です。

日本の蚊よりはるかに強力。

刺された後、プクッと膨れてかゆくなる → ムヒを塗って → 落ち着く のが 

刺された後、プクッと膨れてかゆくなる → 膨れが広がる → どんどん広がる → 
刺し口から3cm四方に熱をもって 腫れ上がって → 1週間たってもかゆい のが Mosquito


これまでに 8箇所刺されましたが、見事に腫れ上がり、自分でもビックリ。  (>_<) 

あの腫れ上がりようは とても 蚊の仕業には思えない。 

ユーコンの蚊も相当強力って 「どうでしょう」 で言ってましたね。 


って プ~~~~~ン っとなんとも情けない音と共に現れる。
Mosquito って ブスッ と吸いにくる。

って響きも なんか頼りないと言うか弱弱しい。
モスキート ってなんだかゴジラ映画に出てくる巨大怪獣のよう。

 
「これ以上勝手に血を吸われては たまらん!」 と
長袖、長ズボン、首にはガーゼのマフラー、足元はソックス と完全防備してるんですけど
… 刺されちゃいますね。

一方シープ君は 刺されても そんなに痒がらず、全然腫れ上がらない。 
さすがアメリカ人ですね。

っていうか、
もしかして こんなに熱をもって腫れあがるのって ピギーだけですかね???
[PR]



# by willy3hello | 2008-07-10 22:35 | *日常生活

アメリカ生活で大切な事

こんにちは。 ピギーバンクです。

あなたにあった色、質感のファンデーションを使っていますか? 
10日間のサンプルをお渡しします。


こんなチラシを先日見かけました。ファンデーションがほぼ無くなりかけていたピギーにとって 10日間のサンプルは結構助かります。 (笑)

今まで使ったことが無いブランドだったので、まずはファンデーションの色あわせ。
BAさん、おもむろに一つの色を握り締め 「あなたにはこの色がいいと思うわ。」
ピギーのほほにファンデを塗りながら 「やっぱり、ほらピッタリ。」
確かに。悪くない。  ふ~ん。一発で合わせられるんだ (;一_一) 
ちょっと疑いながらもその日はサンプルをもらって帰りました。 

数日後、同じブランドが
●●ドル以上購入で 口紅、マスカラ、アイシャドウ 等々プレゼント! の企画中で、
しかも20%off のクーポンがあったので これはチャンスと思い、今回浮気をしてみました。

サンプルの時にいたBAさんとは違う人がいたので彼女に
「この前色あわせをしてもらったけど、その色を忘れた。もう一度あわせてくれる?」と尋ねました。 今回のBAさん。 3つのボトルを握り締めて色あわせをしてくれました。 
「うん、あなたの色は6番ね。 鏡で見てみたい?」 

・・・って言うか、鏡を渡すでしょ。普通。 「見る?」とかじゃなくて、鏡を渡すでしょ!!
しかも、「はい。拭きとって」 ってティッシュだけを渡された。
あのお・・・鏡も貸してもらえますか・・・ (-_-;)

まあ、その日は6番のファンデを購入。 帰宅してからサンプルの色と比べてみると、少し暗め。サンプルは3番。 個人的には3番の方が好きだったので、翌日交換に行きました。
交換に行くと、サンプルの時のBAさんがいました。
「6番はやっぱり暗すぎるので あなたの選んでくれた3番と交換してくれますか?」

帰宅してから商品を手に取ると・・・ まず箱が新品じゃない!
何回も開けたしわがついている。 
えっ・・・ と思いながらボトルを手に取ると・・・ 
軽い!!汚い!! 半分以上使ってある!!! (゜o゜)

ショック状態のままもう一度カウンターに出向き、「あなたの渡してくれたファンデーション、半分以上使ってあるんだけど… 新しいものと交換してもらえますか?」
そしたら、BAさん、「Oh my....」 だって。 こっちが Oh my God だよね。

で、ここからがまたビックリ。 
BA・・・ 「今カウンターに同じ色が無いから、他の色を合わせましょうか?」
ピギー・・・ 「えっ でも、3番が私の色でしょ? 他の色を合わせるってどういうこと?」
BA・・・ 「う~ん。サンプル用の3番の色があれば、それをこの瓶に詰めることが出来るんだけど、サンプル用もないし・・・。 新しい商品もないし・・・ どうしよう。」

ピギー心の叫び
え!!! サンプル用のファンデがあっても、そんなの誰かが使った後の瓶に詰めて私に渡さないでよ!! ちゃんと新しいものを用意しなさいよ!! 

ピギー・・・ 「じゃあ、新しい商品が届いたら電話をしてください。1ヶ月もかからないでしょ?」
BA・・・ 「う~ん・・・・ どれぐらいで届くかはわかりません。」

(゜o゜) あんたの所の確認ミスなんだから、客注とか何とかで、すぐに取り寄せなさいよ!!
これまた心の叫びで、BAさんには言えなかった。
 

☆ アメリカで生活をする上で大切な事 ☆

購入する前に、商品が新品か確認する!
それが出来なかった場合、購入後すぐに商品を確認する!
卵もパッケージを開けて割れていないか確認。 ミルクも封が開いていないか確認。
ネイルカラーもシャンプーもローションも必ず使われていないか確認する事。 普通の商品がサンプルになっていることが多いですからね。

何でも返品OKのこの国。 
使用後返品の商品が次の消費者に届く事だってあるのです。
[PR]



# by willy3hello | 2008-04-06 14:07 | *日常生活

カストマーサービス

こんにちは。 ピギーバンクです。


ああ、アメリカね・・・(-_-;) と思うこと。

昨年の11月に 日系化粧品会社のカストマーサービスに問い合わせのメールを送りました。 

日本で購入したファンデーションの色は●●番ですが、質感の違うタイプの▲▲ファンデーションに移る場合、何番の色を購入すればよいか? といった内容です。

日本では発売が終了したファンデがこちらでは購入可能なため、かなり興奮していたのです。
でもいつまでたっても返事はこない。 ついには年が開け、3月になったのです。 
(ちなみに、それまでずーっと待っていたわけじゃないですよ。) 

とにかく、もう一度メールを送る事にしました。 今回は前回のメールに加えて、
『昨年11月●●日に同じメールを送りましたが、待てども待てども答えが返ってこなかったので、もう一度送信します。 今回は返事か返ってくると言いのですが…』 といった内容を付け足しました。

数日後に返信メールが届いたのですが、それがなんともアメリカ
テンプレートで このたびはお問い合わせありがとうございました。 的な文章が打たれていて、その下に一文 

あなたの色は●●番です。

またテンプレートで、その他お問い合わせ等・・・・と続いている。

うわー・・・・(-_-;)  誰だか知らないけど返信メール打った人、あなたの色は●●番です しか入力してないわね。

一方、日系某旅行会社に問い合わせメールを送り、返事が無かった為 3日後にまたメールを送った時は、 
「このたびは申し訳ございませんでした。 ●●日のメールを確認いたしましたが、ピギー様からのお問い合わせメールを確認する事が出来ず・・・・と 一言 加えてくれていた。

この違いはなんだろうね。
たとえメールを無視していたとしてもかまわない。 返信をし忘れたのでもかまわない。
ただ、その後のフォローの違いに、やっぱりアメリカね…となってしまうのです。

製品の使い心地が良くて 日本のBAさんも感じが良くて ず~っと使ってきた某化粧品会社。
 
でも ここのアメリカのカストマーサービス・・・日本人の目線からすると
とっても残念です。
[PR]



# by willy3hello | 2008-04-05 15:50 | *日常生活

マフラー

こんにちは。 ピギーバンクです。

2ヶ月ほど前にクリスマスと呼ばれるイベントがありましたね。 
クリスマスはイベントじゃないね。 
でも、キリスト教徒じゃないシープ君とピギーにはイベントなのです。(苦笑)  ごめんなさい。 


昨年のクリスマス。 シープママにはマフラーをプレゼントしました。

e0103128_9263970.jpg


らせん状にクルクル巻いているマフラーです。 細編みと長々編みで出来ちゃいます。
今回はママさんのコートに映えるようにピンク一色で作りました。

初心者向けの作品だったので、なんと ピギーのような手芸おんちにでもできました。
ちょっと素敵な作品になると 『ううう~んん』 
眉間にしわを寄せながら本とにらめっこですけどね ^_^;


ピギーの父方のおばあちゃんは現在95歳。 
時間を見つけては レース編みをほいほい編んでます。 
さすが大ベテラン! すごく細い糸なのに 老眼鏡も編み図も必要ない!!
尊敬します。 m(__)m

ピギーも早く素敵な作品が作りたいなー (^。^)
[PR]



# by willy3hello | 2008-02-28 19:55 | *手作り

愚痴

こんにちは。ピギーバンクです。


「日本食は塩分がすごく多いって職場の人に言われたけど… 
料理する時にどっと塩を入れてるのか?」


ある日、裸の大様より言われました。



ことの発端は、大様が病院で血圧を測った際に、あまりにも高くて
看護婦さんより 
「なんかの間違いと思う。もう一度測りましょう。 
え・・・・ (゜o゜)
薬を飲んでるわりに、高すぎる。 血液検査をしましょう」 って言われたことにあります。

物凄く焦ったのか、不安になったのか、大様は翌日職場の人に血圧計を借りてきて、何回も何回も測っていました。 30分ごとに測ってたけど、毎回結果は同じだったようです。
ちょっと笑ってしまった。

で、大様はとにかく口が軽い。なんでもかんでも近所、職場、友達に話しまくるんです。
今回も職場で血圧が高かったと言う話をしたようです。そこで、同僚に
「あなたの義理の娘は料理をするの?日本料理はものすごく塩分が高いんでしょ。」って言われたんですって。

正直 カチン ときました。 
「血圧が上がったのは、義理の娘の作る料理が原因じゃないのー」って言われている気がしてしまった。

そして、それをご丁寧にピギーが料理をしている時に こんな事言われたけど、今作っている料理にもたくさん塩を入れているのか?って聞いてくることにもカチンときてしまった。 
ピギーの実家は薄味主義なんです!!!

確かに私たち日本人は塩分に気をつけないといけませんよ。一日6gに抑えましょうって。

でも、あなたに言われたくない。 

一昨日も肉じゃがを作りましたよ。 味見もせずに大様は塩コショウをふりかけました。 
ちょっとじゃないですよ。 バッーバッーって。

悲しかったです。 なにがやりきれないって、「美味しい。実に美味しい。いつでも作ってくれ」のコメント。  

嬉しくない。
美味しくないじゃん。塩コショウなんかして…。   
せめて味見をしてくれ! そして気に入らないなら 塩でもケチャップでも何でもかけてください。

まあ今に始まった事ではないけどね。

ね。 結局何が言いたいかというと、大様は自動的に塩コショウを振りかけるということ。
塩だけが原因じゃないと思うけど、私の料理のせいっぽく言うのはやめてほしいもんです。

何でもそう。まずはピギーが疑われる。 皮膚がかゆくてたまらない大様。
それはピギーの洗濯洗剤が原因じゃないのかってまず疑われるしね。
洗濯は別々なんだけど、洗濯機にピギーの使っている洗剤が残っているからだって。
シャワー室の電球が切れたら、換気扇を回してないのかって疑われるし…寿命でしょ。
シャワーの排水溝が詰った時もピギーの髪が詰っているって疑われるし。
とにかく とにかく信じてもらえない。

血圧が上がった原因はピギーの料理か!って疑ってかかる前に、
あなたを高血圧にさせるほど ピギーは料理してないでしょーよ。

そんなつもりで言ったんじゃないんでしょう。
ただ、『日本料理は塩分が多い』って聞いた事を伝えたかっただけなんだろうけどね。
そこの所はわかるから大人の対応で乗り越えたけど、な~んだかストレスが溜まっちゃうね。
[PR]



# by willy3hello | 2008-02-21 20:14 | *日常生活

ブラックホールに負けるな

こんにちは。ピギーバンクです。

我が家のブラックホールに生気を吸い取られ、空っぽになっているピギーです。
ギリギリのところで生きています。

えっ。ブラックホールってなあに? 旧シープパパ。義理父改め裸の大様のことです。
とにかく、彼に振り回される生活。 生気を全部吸い取る恐ろしい奴。

シープパパなんて可愛いこともう言ってられない。 義理父なんて言ってられない。

裸の大様・・・王様の入力間違いではありません。 むやみやたらにデカイので大様がぴったりなんです。

何とかしてブラックホールに勝たなければ。
このままでは、潰れてしまう。
[PR]



# by willy3hello | 2008-02-13 16:10 | *日常生活

leftover spiral

こんにちは。ピギーバンクです。

今日ようやくサンクスギビングの残り物を食べ終えました。
長かった・・・

シープ家、夕食の残り物は誰も手をつけない。 
ミートスパゲッティーや、チリ+マカロニ、お肉等のシープパパ好物品は
シープパパがランチとしてお昼に持っていくけれど、
それ以外のものは、ずーと冷蔵庫に入ったまま。 
結果、ピギーが残り物を食べるのが週間となっている。

レンタルスープ(豆のスープ) なんかは大量に残る。
大量に残っているんだから、そういうものをランチとしてシープパパも食べてくれればいいのに、
好きなもの意外は持っていかない。
結果として、ピギーが何日もかけてそのスープを食べ尽くすことになってしまう。

では、残り物を次の日の夕食として食べてはどうか・・・
これは、シープパパの不満爆発 →言い争いへと発展

だから、シープ君とピギーが残り物を食べて、パパさんママさんは新しい品を食べる。
それが残る → ピギーが食べる羽目になる。
まさに、残り物地獄。

誰もいないお昼。 熱々のご飯に生卵をかけて・・・ いつも思う。
でも、冷蔵庫を開ければそこには夕食の残りが・・・。 ふー。
[PR]



# by willy3hello | 2007-11-27 10:13 | *日常生活

メンズ            ㊟どうでもいい話

こんにちは。 ピギーバンクです。

2ヶ月前の話。 職場で見かけた男の子。 
ものすごく人当たりの良い ”グッドルッキングガイ”。 (プッ)  ㊟…●●姉妹みたいね
特に名前を聞くわけでもなく、挨拶程度でその日は終りました。 (R君としましょう)

その日から しばらくして・・・・

職場で見かけた男の子。 
『あっ・・・・あれ・・・ この前見た子・・・? に しては、ちょっと雰囲気が変わった・・・?』

「Hi」 と 彼に挨拶をして、終了。
う~ん。同一人物だったのか・・・。それにしては、初回の人懐っこさが無かったような・・・  

次の週。 2回目にあった彼と、もう一人の男の子 (男3としましょう) が職場に登場。

『・・・この男の子達は、似てるけど あの人懐っこい男の子 (Rくん) じゃないな。
しかし、よく似た感じの男の子ばっかし・・・ 
いまだに最初の男の子と、2回目の男の子が同一人物かわからないのに・・・
もしかして・・・若者がみんな一緒に見えるのは、年をとったせいなのか』 
(-_-;)  悩みながら帰宅しました。

シープ君に、職場にものすごく似た雰囲気のメンズがいて、
同一人物か別人かわからない~ って言ったら、「フンッ」 って鼻であしらわれた。

そんなこんなで 今月あたま。

2回目にあった男の子は Nくん。 その後、一緒に仕事をする機会がありました。

で、先週。NくんBrother がアルバイトで参加・・・と言う事をチーフから聞きました。 
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
その日。
 
NくんBrother 参上。
・・・・・・・・・ あっ!!! あんたは!!!! 
そうです。 
一番最初に会った男の子が NくんのBrother
だったのです。

一緒に仕事を進めていくうちに気づいたのですが、さすが兄弟。 やる事が一緒。

まず Nくん。  水の入った大きなピッチャーを2個持ってきて、
「こっち俺。 こっちは YOUの。  じゃあ、よーい ドン!!」

えええ~。水のみ競争かよ!!!  

一方 Nくん Brother = Rくん
水が満タンの大きなピッチャーを持ってきて・・・
「どれくらいで飲めるか時計見てて!  せーのっ・・・」 

使う小道具が一緒やし... (ーー;)

この兄弟は、水の国からやってきたのかい・・・?


とにかく、Brother Brother とさっきから連発しているのは、
英語では 「He is my Brother」 で、特に兄なのか弟なのか わからないから。

仕事も終盤に差し掛かったころ、ピギーは尋ねました。
「Nくんは、あなたのBrotherでしょ。 あなたがお兄さん?」
「…あいつ。」

 ・・・驚!!  てっきり Rくんが兄だと思い込んでたピギー。 
(仕事をする姿勢とか、話の内容とかね 18歳の若者の内容とは思えなかったもので・・・)

しかも Rくんは続けました。
「あそこにいる ブロンドの女の人。  あれ、Sister」  

へ!!! (・・?

あの子って・・・
Nくんの彼女じゃないのか!!!  (゜o゜) 
いつも仲良くて、テーブルとかに腰掛ける時とか、❤ べチャー ❤ってくっついるし・・・。

ピギーは仲のいい男女を見て、兄妹とは思いつかなかった。        ㊟ 姉ちゃんだった
女 30代 既婚・・・ まだまだ修行が足りないな。 


追伸
M姉ちゃん、Nくん、Rくん に加え 彼らの一番下の弟がアルバイトすることが決まりました。 見分ける事はできるのか!!!
[PR]



# by willy3hello | 2007-11-21 13:13 | *日常生活

クロッシェ

こんにちは。 ピギーバンクです。

アメリカ田舎町に移民としてやってきて 1年が過ぎました。

さすが田舎町。遊ぶ所が無い。 そこで始めたのが、お裁縫と編み物。 
特に最近ハマっているのが、クロッシェ。

近くの工芸店でクロッシェのレッスンがあるというので、ぶら~っと見に行ってきました。

この田舎町で何を期待していたのか・・・・
工芸展の通路には パッとしない女性 が椅子に座っていました。
「クロッシェのレッスン、もうすぐ始めるよ~。」
「くじ引きで景品があたるよー。名前書いて入れて行ってねー。」

工芸店の一室でクロッシェをする アメリカのご婦人達。 
綺麗な毛糸に囲まれた、暖かく優しい世界。

そんなピギーの想像を見事にかき消してくれた あの女性・・・

あまりに期待はずれだったので、せめてくじ引きだけでも参加して帰ろうと思い、缶の中に
名前を入れておきました。(勿論、クロッシェの質問もしておきました)

さてさて、翌日。 その工芸店から連絡があり、「景品が当たりました」 と!!

こちらが景品のクロッシェ入門セット ↓
e0103128_12361898.jpg

クロッシェの師匠。 『パッとしない女性』 なんて思ってごめんね~。
[PR]



# by willy3hello | 2007-11-19 22:10 | *お気に入り

更新は気分しだい…。         ゆる~いブログです。
by willy3hello
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



本来、ブログを
開設した趣旨は
CR1ビザの手続き/体験談をまとめる為でした。

●結婚・ビザ請願/申請時
に提出する書類が
複雑だった。

●情報収集していた
Webページの情報が
古いものだった。

…等 
実際に体験した情報を
同じ境遇の人達に
お伝えしようと
思ったのが始まりです。

それが…
無事ビザを取得した後

生粋のアメ人=義理の父に振り回される毎日…

いつのまにか
本来の趣旨は
おろそかになり
しょうもない事を
書き綴っています。

(^。^)

最新の記事

日本語の練習
at 2012-09-19 06:34
ハーフマラソン
at 2012-09-19 06:14
5年が経って…
at 2011-11-16 06:10
Osaka?
at 2010-08-19 06:18
おいしい牛乳
at 2010-03-05 04:32

画像一覧